「 月別アーカイブ:2017年11月 」 一覧

DCモーター FA-130RA

2017/11/25   -パーツ
 

DCモーターのFA-130RAです。 秋月電子通商にて100円で販売されています。

GY-85 IMU 9DOF センサー

2017/11/25   -パーツ
 ,

中華製センサーモジュール、GYシリーズのひとつです。 3軸の加速度センサー、3軸のジャイロセンサー、3軸の地磁気センサーが搭載されています。

Arduino Yun と Temboo で 天気情報の閾値 Blink

2017/11/23   -マイコン
 

Arduino Yun And Temboo Architecture Arduino Yun 回路構成 Tembooのアカウント作成 Chores選択 Choreosリストから「Yahoo – Weather – GetWeatherByAddress」を選択します。 Output欄のConditionCodeの数値をメモしておきます。(26の数値) 東京天気情報確認 INPUT枠から「tokyo」を入力し、「Run Now」をクリックするとOUTPUT欄で天気情報が表示されます。   入力Trigger条件設定 Arduino YunのGPIO8番ピンがSwitchと繋がっているので、Trigger設定します。 出力Trigger条件設定 Arduino YunのGPIO13番ピンがLEDと繋がっているので、Trigger設定します。 13ピンのLEDが光る条件として東京天気情報を確認した時の「ConditionCode」の数値「26」を設定します。 ソースコードダウンロードとアップロード できあがっているコードをダウンロードします。 ダウンロードしたコードをArduino IDEに読み込んで、Arduino Yunへアップロードします。 結果確認 Serial Monitorで確認すると「Sensor: 0」で表示されます。         Switchを押すとTriggerされることが確認できます。

Arduino Yún の IP Address 確認

2017/11/22   -マイコン
 

WiFiStatus の アップロード 「Examples – Bridge – WiFiStatus 」を読み込んでそのままArduino Yúnへアップロードします。 Serial Monitor IP Addressを確認します。

Blynk とArduino Uno で Blink 確認

2017/11/22   -マイコン
 ,

Blynk Architecture   Download App for iOS App起動 アカウント作成 プロジェクト作成    Auth Token確認 ライブラリインストール .zip ファイルをダウンロードします。- Link ダウンロードしたファイルを解凍し、Arduinoディレクトリに配置します。 Sketch Arduino IDE 「Example/Blynk/Boards_USB_Serial/Arduino_Serial_USB」サンプルを読み込み、Auth Tokenを自分の環境に合わせて修正します。 修正後、Arduino Unoへ書き込みします。 スクリプト起動 「blynk-ser.sh」スクリプトを起動します。オプションとしてArduino Unoと繋がっているポート名を指定しなければいけないです。 場合によっては「brew update」「brew install socat」実行が必要です。 Sketch Blynk Widget Boxにて「Button」を追加します。 「Button」を詳細設定します。 GPIO7に対してLEDのBlinkを確認できるように設定変更します。 Arduino Uno 状態を確認した上、画面を操作します。  

L293D モーター ドライブ シールド

2017/11/18   -パーツ

Arduino向けのL293Dモーター ドライブ シールドです。 四つのDCモーター または 二つのステッピングモーターをコントロールすることができます。 Adafruit Motor Shield library   Diagram From http://www.14core.com/wiring-and-controlling-the-l293d-arduino-unomega-shield/ 参考ページ 모터 드라이버 쉴드 Adafruit Motor Shield Assembling the Electronics Controlling the L293D UNO/MEGA Shield with DC Motors

2 チャンネル 5V リレーモジュール

2017/11/18   -パーツ

2 チャンネル 5V リレーモジュールです。 Diagram From http://arduinomodules.info/ky-019-5v-relay-module/ 参考ページ 仕組み – Link

Laser Sensor Module

2017/11/18   -パーツ

650nm の レーザセンサーモジュールです。 Diagram From http://arduinomodules.info/ky-008-laser-transmitter-module/ Youtube 参考ページ Arduino Module KY-008 Arduino Laser Module  

PCA9685搭載 16チャネル PWM モジュール

2017/11/18   -パーツ

16チャンネルのPWM出力可能なPCA9685搭載モジュールです。 adafruit社 Adafruit 16-Channel 12bit PWM/Servo Driver adafruit社 PWM Servo Driver Library Arduino IDE Tutorial 互換モジュール Aliexpressにて安価で購入することができます。

Blynk とWeMos D1 mini で Blink 確認

2017/11/18   -マイコン
 ,

Blynk Architecture Download the Arduino IDE & Installing the Board 下記のブログに内容に従ってArduino IDEとBoardをインストールします。 Arduino IDEでWeMos D1 miniのBlink確認 Download App for iOS App起動 アカウント作成 プロジェクト作成    Auth Token確認 ライブラリインストール .zip ファイルをダウンロードします。- Link ダウンロードしたファイルを解凍し、Arduinoディレクトリに配置します。 Sketch Arduino IDE 「Example/Blynk/Boards_WiFi/ESP8266_Standalone」サンプルを読み込み、Auth Token、SSID、Passwordを自分の環境に合わせて修正します。 修正後、WeMos D1 miniへ書き込みします。 Serial Monitorで確認すると、IPなど確認することができます。 Sketch Blynk Widget Boxにて「Button」を追加します。 「Button」を詳細設定します。 GPIO7に対してLEDのBlinkを確認できるように設定変更します。 WeMos D1 mini状態を確認した上、画面を操作します。