関連記事

ESP8266の技術基準適合証明等のマーク

無線通信 無線設備を日本国内で使用する場合は電波法令に基づき、無線局の免許申請と無線局を管理する無線従事者が必要だそうです。(無線局:通信のために電波を送受信する装置) ただし、特定の周波数と用途においては特例で無線局の申請と無線従事者の資格が免除されるそうです。   電波利用ホームページ ESP8266の技適マーク ESP8266チップの場合、特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)を取得済みなので、以下のサイトで調べることはできます。 技術基準適合証明等を受けた機器の情報を検索

BBC micro:bit

英国放送協会(BBC)が情報教育のために開発し、現在11歳と12歳の小学生全員に配れているシングルボードコンピュータです。 クレジットカードの半分ぐらい(4cm × 5cm)でARM Cortex-M0が搭載されています。 Hardware Description nRF51 Application Processor (ARM Cortex-M0) Bluetooth 4.1 Wireless Communication 2.4GHz Low Level Radio Communications 2 Buttons 5.5 Matrix Display 3 Axis Accelerometer (MMA8653FC) Magnetometer (MAG3110) Temperature Sensing (on-core nRF51) GPIO (General Purpose Input/Output) Power Supply (1.8V ~ 3.6V) USB Interface Pinout http://microbit-micropython.readthedocs.io/en/latest/pin.html Pin Type Function 0 Touch Pad 0 1 Touch Pad 1 2 Touch Pad 2 3 Analog Column 1 4 Analog Column 2 5 Digital Button A 6 Digital Row 2 7 Digital Row 1 8 Digital 9 Digital Row 3 10 Analog Column 3 11 Digital Button B 12 Digital …

Arduino IDEでWeMos D1 miniのBlink確認

Download the Arduino IDE 最新バージョン(v1.8.2)をダウンロードしてインストールします。 Installing the Board 設定画面にてURLを設定します。 http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json ボードマネジャーにてesp8266をインストールします。 WeMos D1 R2 & mini を選択します。   Upload the Sketch File – Examples – ESP8266 – Blink のコードを読み込み、WeMos miniへ書き込みます。

Arduino Yun と Temboo で 天気情報の閾値 Blink

Arduino Yun And Temboo Architecture Arduino Yun 回路構成 Tembooのアカウント作成 Chores選択 Choreosリストから「Yahoo – Weather – GetWeatherByAddress」を選択します。 Output欄のConditionCodeの数値をメモしておきます。(26の数値) 東京天気情報確認 INPUT枠から「tokyo」を入力し、「Run Now」をクリックするとOUTPUT欄で天気情報が表示されます。   入力Trigger条件設定 Arduino YunのGPIO8番ピンがSwitchと繋がっているので、Trigger設定します。 出力Trigger条件設定 Arduino YunのGPIO13番ピンがLEDと繋がっているので、Trigger設定します。 13ピンのLEDが光る条件として東京天気情報を確認した時の「ConditionCode」の数値「26」を設定します。 ソースコードダウンロードとアップロード できあがっているコードをダウンロードします。 ダウンロードしたコードをArduino IDEに読み込んで、Arduino Yunへアップロードします。 結果確認 Serial Monitorで確認すると「Sensor: 0」で表示されます。         Switchを押すとTriggerされることが確認できます。

Arduino IDEでGoouuu-ESP32のBlink確認

Download the Arduino IDE 最新バージョン(v1.8.2)をダウンロードしてインストールします。 Installing the Board (macOS) 下記のウェブページにてシェルファイルを実行します。 https://github.com/espressif/arduino-esp32/blob/master/docs/arduino-ide/mac.md ESP32 Dev Module を選択します。 Install CP2102 Driver esp32.net サイトにてボードタイプを確認してCP2102のドライバをインストールする。 USB to UART Bridge chips : esp32.net/usb-uart Upload the Sketch GPIO5 と LED の回路を構成し、下記のコードを書き込みする。 書き込みログ Archiving built core (caching) in: /var/folders/69/9mp0s7xj7ysb_8llwbwl_fc00000gn/T/arduino_cache_802864/core/core_espressif_esp32_esp32_FlashMode_qio,FlashFreq_80,FlashSize_4M,UploadSpeed_921600,DebugLevel_none_4aedcc0daf3f2090d5d5f1483c8d89fd.a Sketch uses 135894 bytes (10%) of program storage space. Maximum is 1310720 bytes. Global variables use 10992 bytes (3%) of dynamic memory, leaving 283920 bytes for local variables. Maximum is 294912 bytes. esptool.py v2.1 Connecting…….._ Chip is ESP32D0WDQ6 (revision 1) Uploading stub… Running stub… Stub running… Changing baud rate to 921600 Changed. Configuring flash size… Auto-detected Flash size: 4MB Compressed …