関連記事

Blynk とWeMos D1 mini で Blink 確認

Blynk Architecture Download the Arduino IDE & Installing the Board 下記のブログに内容に従ってArduino IDEとBoardをインストールします。 Arduino IDEでWeMos D1 miniのBlink確認 Download App for iOS App起動 アカウント作成 プロジェクト作成    Auth Token確認 ライブラリインストール .zip ファイルをダウンロードします。- Link ダウンロードしたファイルを解凍し、Arduinoディレクトリに配置します。 Sketch Arduino IDE 「Example/Blynk/Boards_WiFi/ESP8266_Standalone」サンプルを読み込み、Auth Token、SSID、Passwordを自分の環境に合わせて修正します。 修正後、WeMos D1 miniへ書き込みします。 Serial Monitorで確認すると、IPなど確認することができます。 Sketch Blynk Widget Boxにて「Button」を追加します。 「Button」を詳細設定します。 GPIO7に対してLEDのBlinkを確認できるように設定変更します。 WeMos D1 mini状態を確認した上、画面を操作します。  

Arduino Uno R3

ATmega328P(datasheet)ベースで作られたマイクロコントローラーボードです。 公式Arduino Uno R3はこちらです。 Price : $22 Processor : ATmega328P Operating Voltage : 5V Input Voltage(recommended) : 7~12V Input Voltage(limit) : 6V~20V Clock Speed : 16 MHz Analog Input/Output Pins : 6 / 0 Digital IO/PWM Pins : 14 / 6 EEPROM : 1KB SRAM : 2KB Flash Memory : 32 KB USB : USB B Female (ATmega-16U2) UART : 1 I2C(TWI) Pins : A4 (SDA), A5 (SCL) Pinout www.pighixxx.com Download PDF

ESP8266の技術基準適合証明等のマーク

無線通信 無線設備を日本国内で使用する場合は電波法令に基づき、無線局の免許申請と無線局を管理する無線従事者が必要だそうです。(無線局:通信のために電波を送受信する装置) ただし、特定の周波数と用途においては特例で無線局の申請と無線従事者の資格が免除されるそうです。   電波利用ホームページ ESP8266の技適マーク ESP8266チップの場合、特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)を取得済みなので、以下のサイトで調べることはできます。 技術基準適合証明等を受けた機器の情報を検索

Arduino Yún

Wi-FiとEthernetポートあり ATmega32u4 MCUとAtheros AR9331 MPUを搭載したボード Atheros MPUはLininoと呼ばれるOpenWRT基盤Linux支援 シェルスクリプトまたはPythonなど作成可能 公式Arduino Yún はこちらです。 Price : $68.20 USB : Micro MCU : ATmega32U4 Operating Voltage : 5V Input Voltage : 5V Clock Speed : 16 MHz Analog Input/Output Pins : 12 / 0 Digital IO/PWM Pins : 20 / 7 EEPROM : 1 KB SRAM : 2.5 KB Flash Memory : 32 KB I2C(TWI) Pins : 2 (SDA), 3 (SCL) LED_BUILTIN : 13 MPU : Atheros AR9331 Architecture : MIPS Operating Voltage : 3.3V Ethernet : 802.3 10/100Mbit/s WiFi : 802.11b/g/n 2.4 GHz USB Type : 2.0 Host Card Reader : Micro-SD RAM : 64 MB DDR2 Flash …

Getting Started Arduino Yún

Arduino Yúnは2015年以降のモデルが対象です。 無線LANの設定 MacまたはPCとArduino YúnのMicro USBで接続 (電源ON) しばらくするとWi-FiのSSIDで「Linino-XXXXXXXXXXXX」へ接続 「http://linino.local/」にアクセス (パスワード:doghunter) 「CONFIGURE」をクリック パスワード設定と無線LANの設定を完了し、「CONFIGURE & RESTART」クリック リスタート (しらばく待ち) Wi-FiのSSIDを元に戻して「http://linino.local/」にアクセス アクセス完了したら、設定終了 YúnのLinux部へアクセス Arduino Yúnは、Bonjour(mDNS)という仕組みを使っているため、YúnそのものがDNSサーバーとして機能しているので「linino.local」へアクセスします。 パスワードも変更した方が良いです。 無線LAN経由でGPIO操作 Arduino IDE 「Examples – Bridge – Bridge」読み込みます。 “Could not connect to YunServer 146 Connection refused” 対策 42行目の「server.listenOnLocalHost();」をコメントし、Arduino Yúnへアップロードします。 GPIO操作 13PINの状態を確認してみます。