関連記事

Arduino IDEでGoouuu-ESP32のBlink確認

Download the Arduino IDE 最新バージョン(v1.8.2)をダウンロードしてインストールします。 Installing the Board (macOS) 下記のウェブページにてシェルファイルを実行します。 https://github.com/espressif/arduino-esp32/blob/master/docs/arduino-ide/mac.md ESP32 Dev Module を選択します。 Install CP2102 Driver esp32.net サイトにてボードタイプを確認してCP2102のドライバをインストールする。 USB to UART Bridge chips : esp32.net/usb-uart Upload the Sketch GPIO5 と LED の回路を構成し、下記のコードを書き込みする。 書き込みログ Archiving built core (caching) in: /var/folders/69/9mp0s7xj7ysb_8llwbwl_fc00000gn/T/arduino_cache_802864/core/core_espressif_esp32_esp32_FlashMode_qio,FlashFreq_80,FlashSize_4M,UploadSpeed_921600,DebugLevel_none_4aedcc0daf3f2090d5d5f1483c8d89fd.a Sketch uses 135894 bytes (10%) of program storage space. Maximum is 1310720 bytes. Global variables use 10992 bytes (3%) of dynamic memory, leaving 283920 bytes for local variables. Maximum is 294912 bytes. esptool.py v2.1 Connecting…….._ Chip is ESP32D0WDQ6 (revision 1) Uploading stub… Running stub… Stub running… Changing baud rate to 921600 Changed. Configuring flash size… Auto-detected Flash size: 4MB Compressed …

Goouuu-ESP32

ESP32チープを搭載したGoouuu-ESP32モデルです。 ESP32 : http://esp32.net USB to UART Bridge chips : http://esp32.net/usb-uart

Arduino Quick Reference (韓国語)

電子工作に関して色々な情報を投稿している方ですが、Arduinoのコマンドを整理し、AQS(Arduino Quick Reference)をPDFにしてくださったので、紹介します。 韓国語で書いてありますが、コマンドリストでも十分お役に立てるかと思います。 Blog Link Naver Blog (twophase) PDFダウンロード(print) PDFダウンロード

Arduino Nano v3

Arduino Unoボードをコンパクトしたボード(モジュール)です。 公式Arduino Nano はこちらです。 Price : $22 Processor : ATmega328P Operating Voltage : 5V Input Voltage : 7~9V Clock Speed : 16 MHz Analog Input/Output Pins : 8 / 0 Digital IO/PWM Pins : 14 / 6 EEPROM : 1KB SRAM : 2KB Flash Memory : 32 KB USB : Mini-B (FTDI-FT232RL) UART : 1 I2C(TWI) Pins : A4 (SDA), A5 (SCL) Pinout www.pighixxx.com Download PDF

ST Nucleo STM32F401RE

Mbed対応のMCUとしてST Nucleo STM32F401REです。 STM32 MCUのNucleoシリーズは色々あるので、要求に従って決めれば良いでしょう。 http://www.st.com/en/evaluation-tools/stm32-mcu-nucleo.html?querycriteria=productId=LN1847 開発 Mbedブラウザ上で開発 Mbedサイトでコンパイルし、ローカルPCにダウンロード Mbedデバイスへの書き込み (MbedデバイスをPCに接続するとメモリーカードのように認識) https://www.mbed.com/en/about-mbed/what-mbed/