マイコン

Arduino Yún

投稿日:2017-10-06 更新日:

  • Wi-FiとEthernetポートあり
  • ATmega32u4 MCUとAtheros AR9331 MPUを搭載したボード
  • Atheros MPUはLininoと呼ばれるOpenWRT基盤Linux支援
  • シェルスクリプトまたはPythonなど作成可能

公式Arduino Yún はこちらです。

  • Price : $68.20
  • USB : Micro
  • MCU : ATmega32U4
    • Operating Voltage : 5V
    • Input Voltage : 5V
    • Clock Speed : 16 MHz
    • Analog Input/Output Pins : 12 / 0
    • Digital IO/PWM Pins : 20 / 7
    • EEPROM : 1 KB
    • SRAM : 2.5 KB
    • Flash Memory : 32 KB
    • I2C(TWI) Pins : 2 (SDA), 3 (SCL)
    • LED_BUILTIN : 13
  • MPU : Atheros AR9331
    • Architecture : MIPS
    • Operating Voltage : 3.3V
    • Ethernet : 802.3 10/100Mbit/s
    • WiFi : 802.11b/g/n 2.4 GHz
    • USB Type : 2.0 Host
    • Card Reader : Micro-SD
    • RAM : 64 MB DDR2
    • Flash Memory : 16 MB
    • SRAM : 2.5 KB
    • EEPROM : 1 KB
    • Clock Speed : 400 Mhz

Pinout

www.pighixxx.com

Download PDF

-マイコン

関連記事

Blynk とWeMos D1 mini で Blink 確認

Blynk Architecture Download the Arduino IDE & Installing the Board 下記のブログに内容に従ってArduino IDEとBoardをインストールします。 Arduino IDEでWeMos D1 miniのBlink確認 Download App for iOS App起動 アカウント作成 プロジェクト作成    Auth Token確認 ライブラリインストール .zip ファイルをダウンロードします。- Link ダウンロードしたファイルを解凍し、Arduinoディレクトリに配置します。 Sketch Arduino IDE 「Example/Blynk/Boards_WiFi/ESP8266_Standalone」サンプルを読み込み、Auth Token、SSID、Passwordを自分の環境に合わせて修正します。 修正後、WeMos D1 miniへ書き込みします。 Serial Monitorで確認すると、IPなど確認することができます。 Sketch Blynk Widget Boxにて「Button」を追加します。 「Button」を詳細設定します。 GPIO7に対してLEDのBlinkを確認できるように設定変更します。 WeMos D1 mini状態を確認した上、画面を操作します。  

Arduino I2C Scanner

ArduinoボードにI2Cデバイスを繋げてアドレスを確認するのに使います。 例えば、上記のPCA9685のPWMサーボモジュールをI2C Scannerで確認すると「0x40 / 0x70」アドレスを確認することができます。 Source Code (Github Gist)

Arduino Yun と Temboo で 天気情報の閾値 Blink

Arduino Yun And Temboo Architecture Arduino Yun 回路構成 Tembooのアカウント作成 Chores選択 Choreosリストから「Yahoo – Weather – GetWeatherByAddress」を選択します。 Output欄のConditionCodeの数値をメモしておきます。(26の数値) 東京天気情報確認 INPUT枠から「tokyo」を入力し、「Run Now」をクリックするとOUTPUT欄で天気情報が表示されます。   入力Trigger条件設定 Arduino YunのGPIO8番ピンがSwitchと繋がっているので、Trigger設定します。 出力Trigger条件設定 Arduino YunのGPIO13番ピンがLEDと繋がっているので、Trigger設定します。 13ピンのLEDが光る条件として東京天気情報を確認した時の「ConditionCode」の数値「26」を設定します。 ソースコードダウンロードとアップロード できあがっているコードをダウンロードします。 ダウンロードしたコードをArduino IDEに読み込んで、Arduino Yunへアップロードします。 結果確認 Serial Monitorで確認すると「Sensor: 0」で表示されます。         Switchを押すとTriggerされることが確認できます。

Blynk とArduino Uno で Blink 確認

Blynk Architecture   Download App for iOS App起動 アカウント作成 プロジェクト作成    Auth Token確認 ライブラリインストール .zip ファイルをダウンロードします。- Link ダウンロードしたファイルを解凍し、Arduinoディレクトリに配置します。 Sketch Arduino IDE 「Example/Blynk/Boards_USB_Serial/Arduino_Serial_USB」サンプルを読み込み、Auth Tokenを自分の環境に合わせて修正します。 修正後、Arduino Unoへ書き込みします。 スクリプト起動 「blynk-ser.sh」スクリプトを起動します。オプションとしてArduino Unoと繋がっているポート名を指定しなければいけないです。 場合によっては「brew update」「brew install socat」実行が必要です。 Sketch Blynk Widget Boxにて「Button」を追加します。 「Button」を詳細設定します。 GPIO7に対してLEDのBlinkを確認できるように設定変更します。 Arduino Uno 状態を確認した上、画面を操作します。  

Arduino ボードまとめ

下記のArduinoサイトから情報取得 – Link Name Processor Operating/Input Voltage CPU Speed Analog In/Out Digital IO/PWM EEPROM [kB] SRAM [kB] Flash [kB] USB UART 101 Intel® Curie 3.3 V/ 7-12V 32MHz 6/0 14/4 – 24 196 Regular – Gemma ATtiny85 3.3 V / 4-16 V 8 MHz 1/0 3/2 0.5 0.5 8 Micro 0 LilyPad ATmega168V ATmega328P 2.7-5.5 V / 2.7-5.5 V 8MHz 6/0 14/6 0.512 1 16 – – LilyPad SimpleSnap ATmega328P 2.7-5.5 V / 2.7-5.5 V 8 MHz 4/0 9/4 1 2 32 – – LilyPad USB ATmega32U4 3.3 V / 3.8-5 V 8 MHz 4/0 9/4 1 2.5 32 Micro – …