マイコン

BBC micro:bit

投稿日:2017-12-07 更新日:

英国放送協会(BBC)が情報教育のために開発し、現在11歳と12歳の小学生全員に配れているシングルボードコンピュータです。

クレジットカードの半分ぐらい(4cm × 5cm)でARM Cortex-M0が搭載されています。

Hardware Description

  • nRF51 Application Processor (ARM Cortex-M0)
  • Bluetooth 4.1 Wireless Communication
  • 2.4GHz Low Level Radio Communications
  • 2 Buttons
  • 5.5 Matrix Display
  • 3 Axis Accelerometer (MMA8653FC)
  • Magnetometer (MAG3110)
  • Temperature Sensing (on-core nRF51)
  • GPIO (General Purpose Input/Output)
  • Power Supply (1.8V ~ 3.6V)
  • USB Interface

Pinout

http://microbit-micropython.readthedocs.io/en/latest/pin.html

Pin Type Function
0 Touch Pad 0
1 Touch Pad 1
2 Touch Pad 2
3 Analog Column 1
4 Analog Column 2
5 Digital Button A
6 Digital Row 2
7 Digital Row 1
8 Digital
9 Digital Row 3
10 Analog Column 3
11 Digital Button B
12 Digital
13 Digital SPI MOSI
14 Digital SPI MISO
15 Digital SPI SCK
16 Digital
17~18  – not available
19 Digital I2C SCL
20 Digital I2C SDA

プログラム

参考サイト

-マイコン
-

関連記事

Getting Started Arduino Yún

Arduino Yúnは2015年以降のモデルが対象です。 無線LANの設定 MacまたはPCとArduino YúnのMicro USBで接続 (電源ON) しばらくするとWi-FiのSSIDで「Linino-XXXXXXXXXXXX」へ接続 「http://linino.local/」にアクセス (パスワード:doghunter) 「CONFIGURE」をクリック パスワード設定と無線LANの設定を完了し、「CONFIGURE & RESTART」クリック リスタート (しらばく待ち) Wi-FiのSSIDを元に戻して「http://linino.local/」にアクセス アクセス完了したら、設定終了 YúnのLinux部へアクセス Arduino Yúnは、Bonjour(mDNS)という仕組みを使っているため、YúnそのものがDNSサーバーとして機能しているので「linino.local」へアクセスします。 パスワードも変更した方が良いです。 無線LAN経由でGPIO操作 Arduino IDE 「Examples – Bridge – Bridge」読み込みます。 “Could not connect to YunServer 146 Connection refused” 対策 42行目の「server.listenOnLocalHost();」をコメントし、Arduino Yúnへアップロードします。 GPIO操作 13PINの状態を確認してみます。

Arduino Nano v3

Arduino Unoボードをコンパクトしたボード(モジュール)です。 公式Arduino Nano はこちらです。 Price : $22 Processor : ATmega328P Operating Voltage : 5V Input Voltage : 7~9V Clock Speed : 16 MHz Analog Input/Output Pins : 8 / 0 Digital IO/PWM Pins : 14 / 6 EEPROM : 1KB SRAM : 2KB Flash Memory : 32 KB USB : Mini-B (FTDI-FT232RL) UART : 1 I2C(TWI) Pins : A4 (SDA), A5 (SCL) Pinout www.pighixxx.com Download PDF

Arduino IDEでWeMos D1 miniのBlink確認

Download the Arduino IDE 最新バージョン(v1.8.2)をダウンロードしてインストールします。 Installing the Board 設定画面にてURLを設定します。 http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json ボードマネジャーにてesp8266をインストールします。 WeMos D1 R2 & mini を選択します。   Upload the Sketch File – Examples – ESP8266 – Blink のコードを読み込み、WeMos miniへ書き込みます。

Blynk とWeMos D1 mini で Blink 確認

Blynk Architecture Download the Arduino IDE & Installing the Board 下記のブログに内容に従ってArduino IDEとBoardをインストールします。 Arduino IDEでWeMos D1 miniのBlink確認 Download App for iOS App起動 アカウント作成 プロジェクト作成    Auth Token確認 ライブラリインストール .zip ファイルをダウンロードします。- Link ダウンロードしたファイルを解凍し、Arduinoディレクトリに配置します。 Sketch Arduino IDE 「Example/Blynk/Boards_WiFi/ESP8266_Standalone」サンプルを読み込み、Auth Token、SSID、Passwordを自分の環境に合わせて修正します。 修正後、WeMos D1 miniへ書き込みします。 Serial Monitorで確認すると、IPなど確認することができます。 Sketch Blynk Widget Boxにて「Button」を追加します。 「Button」を詳細設定します。 GPIO7に対してLEDのBlinkを確認できるように設定変更します。 WeMos D1 mini状態を確認した上、画面を操作します。  

Goouuu-ESP32

ESP32チープを搭載したGoouuu-ESP32モデルです。 ESP32 : http://esp32.net USB to UART Bridge chips : http://esp32.net/usb-uart