マイコン

Arduino IDEでDigisparkのBlink確認

投稿日:

Download the Arduino IDE

最新バージョン(v1.8.2)をダウンロードしてインストールします。

Installing the Board (macOS)

設定画面にてURLを設定します。

http://digistump.com/package_digistump_index.json

ボードマネジャーにて「Digistump AVR Boards」をインストールします。

Digispark (Default – 16.5mhz) を選択します。

Upload the Sketch

File – Examples – Digispark_Examples – Start をロードします。

「Upload」ボタンをクリックし、下記の「Plug in device now…」メッセージが見えたら、DigisparkをUSBに繋げます。

書き込みログ

Sketch uses 718 bytes (11%) of program storage space. Maximum is 6012 bytes.
Global variables use 9 bytes of dynamic memory.
Running Digispark Uploader...
Plug in device now... (will timeout in 60 seconds)
> Please plug in the device ... 
> Press CTRL+C to terminate the program.
> Device is found!
connecting: 16% complete
connecting: 22% complete
connecting: 28% complete
connecting: 33% complete
> Device has firmware version 1.6
> Available space for user applications: 6012 bytes
> Suggested sleep time between sending pages: 8ms
> Whole page count: 94 page size: 64
> Erase function sleep duration: 752ms
parsing: 50% complete
> Erasing the memory ...
erasing: 55% complete
erasing: 60% complete
erasing: 65% complete
> Starting to upload ...
writing: 70% complete
writing: 75% complete
writing: 80% complete
> Starting the user app ...
running: 100% complete
>> Micronucleus done. Thank you!

-マイコン
-

関連記事

Arduino IDEでWeMos D1 miniのBlink確認

Download the Arduino IDE 最新バージョン(v1.8.2)をダウンロードしてインストールします。 Installing the Board 設定画面にてURLを設定します。 http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json ボードマネジャーにてesp8266をインストールします。 WeMos D1 R2 & mini を選択します。   Upload the Sketch File – Examples – ESP8266 – Blink のコードを読み込み、WeMos miniへ書き込みます。

ST Nucleo STM32F401RE

Mbed対応のMCUとしてST Nucleo STM32F401REです。 STM32 MCUのNucleoシリーズは色々あるので、要求に従って決めれば良いでしょう。 http://www.st.com/en/evaluation-tools/stm32-mcu-nucleo.html?querycriteria=productId=LN1847 開発 Mbedブラウザ上で開発 Mbedサイトでコンパイルし、ローカルPCにダウンロード Mbedデバイスへの書き込み (MbedデバイスをPCに接続するとメモリーカードのように認識) https://www.mbed.com/en/about-mbed/what-mbed/

Arduino I2C Scanner

ArduinoボードにI2Cデバイスを繋げてアドレスを確認するのに使います。 例えば、上記のPCA9685のPWMサーボモジュールをI2C Scannerで確認すると「0x40 / 0x70」アドレスを確認することができます。 Source Code (Github Gist)

Digispark ATTiny85

USBに直接挿せるマイコン HIDで動作するため、キーボードとマウスのエミュレートなど可能 Arduino IDEで開発可能 公式 Digispark はこちらです。

Arduino Yun と Temboo で 天気情報の閾値 Blink

Arduino Yun And Temboo Architecture Arduino Yun 回路構成 Tembooのアカウント作成 Chores選択 Choreosリストから「Yahoo – Weather – GetWeatherByAddress」を選択します。 Output欄のConditionCodeの数値をメモしておきます。(26の数値) 東京天気情報確認 INPUT枠から「tokyo」を入力し、「Run Now」をクリックするとOUTPUT欄で天気情報が表示されます。   入力Trigger条件設定 Arduino YunのGPIO8番ピンがSwitchと繋がっているので、Trigger設定します。 出力Trigger条件設定 Arduino YunのGPIO13番ピンがLEDと繋がっているので、Trigger設定します。 13ピンのLEDが光る条件として東京天気情報を確認した時の「ConditionCode」の数値「26」を設定します。 ソースコードダウンロードとアップロード できあがっているコードをダウンロードします。 ダウンロードしたコードをArduino IDEに読み込んで、Arduino Yunへアップロードします。 結果確認 Serial Monitorで確認すると「Sensor: 0」で表示されます。         Switchを押すとTriggerされることが確認できます。