マイコン

Blynk とArduino Uno で Blink 確認

投稿日:

Blynk Architecture

 

Download App for iOS

App起動

アカウント作成

プロジェクト作成

  

Auth Token確認

ライブラリインストール

.zip ファイルをダウンロードします。- Link

ダウンロードしたファイルを解凍し、Arduinoディレクトリに配置します。

Sketch Arduino IDE

「Example/Blynk/Boards_USB_Serial/Arduino_Serial_USB」サンプルを読み込み、Auth Tokenを自分の環境に合わせて修正します。

修正後、Arduino Unoへ書き込みします。

スクリプト起動

「blynk-ser.sh」スクリプトを起動します。オプションとしてArduino Unoと繋がっているポート名を指定しなければいけないです。

場合によっては「brew update」「brew install socat」実行が必要です。

Sketch Blynk

Widget Boxにて「Button」を追加します。

「Button」を詳細設定します。

GPIO7に対してLEDのBlinkを確認できるように設定変更します。

Arduino Uno 状態を確認した上、画面を操作します。

 

-マイコン
-,

関連記事

Arduino I2C Scanner

ArduinoボードにI2Cデバイスを繋げてアドレスを確認するのに使います。 例えば、上記のPCA9685のPWMサーボモジュールをI2C Scannerで確認すると「0x40 / 0x70」アドレスを確認することができます。 Source Code (Github Gist)

Arduino Yún の IP Address 確認

WiFiStatus の アップロード 「Examples – Bridge – WiFiStatus 」を読み込んでそのままArduino Yúnへアップロードします。 Serial Monitor IP Addressを確認します。

Arduino IDEでWeMos D1 miniのBlink確認

Download the Arduino IDE 最新バージョン(v1.8.2)をダウンロードしてインストールします。 Installing the Board 設定画面にてURLを設定します。 http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json ボードマネジャーにてesp8266をインストールします。 WeMos D1 R2 & mini を選択します。   Upload the Sketch File – Examples – ESP8266 – Blink のコードを読み込み、WeMos miniへ書き込みます。

Arduino Quick Reference (韓国語)

電子工作に関して色々な情報を投稿している方ですが、Arduinoのコマンドを整理し、AQS(Arduino Quick Reference)をPDFにしてくださったので、紹介します。 韓国語で書いてありますが、コマンドリストでも十分お役に立てるかと思います。 Blog Link Naver Blog (twophase) PDFダウンロード(print) PDFダウンロード

Arduino ボードまとめ

下記のArduinoサイトから情報取得 – Link Name Processor Operating/Input Voltage CPU Speed Analog In/Out Digital IO/PWM EEPROM [kB] SRAM [kB] Flash [kB] USB UART 101 Intel® Curie 3.3 V/ 7-12V 32MHz 6/0 14/4 – 24 196 Regular – Gemma ATtiny85 3.3 V / 4-16 V 8 MHz 1/0 3/2 0.5 0.5 8 Micro 0 LilyPad ATmega168V ATmega328P 2.7-5.5 V / 2.7-5.5 V 8MHz 6/0 14/6 0.512 1 16 – – LilyPad SimpleSnap ATmega328P 2.7-5.5 V / 2.7-5.5 V 8 MHz 4/0 9/4 1 2 32 – – LilyPad USB ATmega32U4 3.3 V / 3.8-5 V 8 MHz 4/0 9/4 1 2.5 32 Micro – …