マイコン

Blynk とWeMos D1 mini で Blink 確認

投稿日:

Blynk Architecture

Download the Arduino IDE & Installing the Board

下記のブログに内容に従ってArduino IDEとBoardをインストールします。

Arduino IDEでWeMos D1 miniのBlink確認

Download App for iOS

App起動

アカウント作成

プロジェクト作成

  

Auth Token確認

ライブラリインストール

.zip ファイルをダウンロードします。- Link

ダウンロードしたファイルを解凍し、Arduinoディレクトリに配置します。

Sketch Arduino IDE

「Example/Blynk/Boards_WiFi/ESP8266_Standalone」サンプルを読み込み、Auth Token、SSID、Passwordを自分の環境に合わせて修正します。

修正後、WeMos D1 miniへ書き込みします。

Serial Monitorで確認すると、IPなど確認することができます。

Sketch Blynk

Widget Boxにて「Button」を追加します。

「Button」を詳細設定します。

GPIO7に対してLEDのBlinkを確認できるように設定変更します。

WeMos D1 mini状態を確認した上、画面を操作します。

 

-マイコン
-,

関連記事

Arduino ボードまとめ

下記のArduinoサイトから情報取得 – Link Name Processor Operating/Input Voltage CPU Speed Analog In/Out Digital IO/PWM EEPROM [kB] SRAM [kB] Flash [kB] USB UART 101 Intel® Curie 3.3 V/ 7-12V 32MHz 6/0 14/4 – 24 196 Regular – Gemma ATtiny85 3.3 V / 4-16 V 8 MHz 1/0 3/2 0.5 0.5 8 Micro 0 LilyPad ATmega168V ATmega328P 2.7-5.5 V / 2.7-5.5 V 8MHz 6/0 14/6 0.512 1 16 – – LilyPad SimpleSnap ATmega328P 2.7-5.5 V / 2.7-5.5 V 8 MHz 4/0 9/4 1 2 32 – – LilyPad USB ATmega32U4 3.3 V / 3.8-5 V 8 MHz 4/0 9/4 1 2.5 32 Micro – …

Blynk とArduino Uno で Blink 確認

Blynk Architecture   Download App for iOS App起動 アカウント作成 プロジェクト作成    Auth Token確認 ライブラリインストール .zip ファイルをダウンロードします。- Link ダウンロードしたファイルを解凍し、Arduinoディレクトリに配置します。 Sketch Arduino IDE 「Example/Blynk/Boards_USB_Serial/Arduino_Serial_USB」サンプルを読み込み、Auth Tokenを自分の環境に合わせて修正します。 修正後、Arduino Unoへ書き込みします。 スクリプト起動 「blynk-ser.sh」スクリプトを起動します。オプションとしてArduino Unoと繋がっているポート名を指定しなければいけないです。 場合によっては「brew update」「brew install socat」実行が必要です。 Sketch Blynk Widget Boxにて「Button」を追加します。 「Button」を詳細設定します。 GPIO7に対してLEDのBlinkを確認できるように設定変更します。 Arduino Uno 状態を確認した上、画面を操作します。  

Macのディスプレイに Raspberry Pi GUI アプリを表示する

概要 MacのX11を使って Raspberry Pi の GUI アプリをMac上で使う方法。 手順 Mac XQuartz インストール XQuartz 起動 Raspberry Pi XQuartz の Terminal からRaspberry Piへ接続 GUI アプリ起動

Arduino Yun と Temboo で 天気情報の閾値 Blink

Arduino Yun And Temboo Architecture Arduino Yun 回路構成 Tembooのアカウント作成 Chores選択 Choreosリストから「Yahoo – Weather – GetWeatherByAddress」を選択します。 Output欄のConditionCodeの数値をメモしておきます。(26の数値) 東京天気情報確認 INPUT枠から「tokyo」を入力し、「Run Now」をクリックするとOUTPUT欄で天気情報が表示されます。   入力Trigger条件設定 Arduino YunのGPIO8番ピンがSwitchと繋がっているので、Trigger設定します。 出力Trigger条件設定 Arduino YunのGPIO13番ピンがLEDと繋がっているので、Trigger設定します。 13ピンのLEDが光る条件として東京天気情報を確認した時の「ConditionCode」の数値「26」を設定します。 ソースコードダウンロードとアップロード できあがっているコードをダウンロードします。 ダウンロードしたコードをArduino IDEに読み込んで、Arduino Yunへアップロードします。 結果確認 Serial Monitorで確認すると「Sensor: 0」で表示されます。         Switchを押すとTriggerされることが確認できます。

Arduino IDEでGoouuu-ESP32のBlink確認

Download the Arduino IDE 最新バージョン(v1.8.2)をダウンロードしてインストールします。 Installing the Board (macOS) 下記のウェブページにてシェルファイルを実行します。 https://github.com/espressif/arduino-esp32/blob/master/docs/arduino-ide/mac.md ESP32 Dev Module を選択します。 Install CP2102 Driver esp32.net サイトにてボードタイプを確認してCP2102のドライバをインストールする。 USB to UART Bridge chips : esp32.net/usb-uart Upload the Sketch GPIO5 と LED の回路を構成し、下記のコードを書き込みする。 書き込みログ Archiving built core (caching) in: /var/folders/69/9mp0s7xj7ysb_8llwbwl_fc00000gn/T/arduino_cache_802864/core/core_espressif_esp32_esp32_FlashMode_qio,FlashFreq_80,FlashSize_4M,UploadSpeed_921600,DebugLevel_none_4aedcc0daf3f2090d5d5f1483c8d89fd.a Sketch uses 135894 bytes (10%) of program storage space. Maximum is 1310720 bytes. Global variables use 10992 bytes (3%) of dynamic memory, leaving 283920 bytes for local variables. Maximum is 294912 bytes. esptool.py v2.1 Connecting…….._ Chip is ESP32D0WDQ6 (revision 1) Uploading stub… Running stub… Stub running… Changing baud rate to 921600 Changed. Configuring flash size… Auto-detected Flash size: 4MB Compressed …