関連記事

Digispark ATTiny85

USBに直接挿せるマイコン HIDで動作するため、キーボードとマウスのエミュレートなど可能 Arduino IDEで開発可能 公式 Digispark はこちらです。

Arduino IDEでWeMos D1 miniのBlink確認

Download the Arduino IDE 最新バージョン(v1.8.2)をダウンロードしてインストールします。 Installing the Board 設定画面にてURLを設定します。 http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json ボードマネジャーにてesp8266をインストールします。 WeMos D1 R2 & mini を選択します。   Upload the Sketch File – Examples – ESP8266 – Blink のコードを読み込み、WeMos miniへ書き込みます。

ESP8266の技術基準適合証明等のマーク

無線通信 無線設備を日本国内で使用する場合は電波法令に基づき、無線局の免許申請と無線局を管理する無線従事者が必要だそうです。(無線局:通信のために電波を送受信する装置) ただし、特定の周波数と用途においては特例で無線局の申請と無線従事者の資格が免除されるそうです。   電波利用ホームページ ESP8266の技適マーク ESP8266チップの場合、特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)を取得済みなので、以下のサイトで調べることはできます。 技術基準適合証明等を受けた機器の情報を検索

Macのディスプレイに Raspberry Pi GUI アプリを表示する

概要 MacのX11を使って Raspberry Pi の GUI アプリをMac上で使う方法。 手順 Mac XQuartz インストール XQuartz 起動 Raspberry Pi XQuartz の Terminal からRaspberry Piへ接続 GUI アプリ起動

Getting Started Arduino Yún

Arduino Yúnは2015年以降のモデルが対象です。 無線LANの設定 MacまたはPCとArduino YúnのMicro USBで接続 (電源ON) しばらくするとWi-FiのSSIDで「Linino-XXXXXXXXXXXX」へ接続 「http://linino.local/」にアクセス (パスワード:doghunter) 「CONFIGURE」をクリック パスワード設定と無線LANの設定を完了し、「CONFIGURE & RESTART」クリック リスタート (しらばく待ち) Wi-FiのSSIDを元に戻して「http://linino.local/」にアクセス アクセス完了したら、設定終了 YúnのLinux部へアクセス Arduino Yúnは、Bonjour(mDNS)という仕組みを使っているため、YúnそのものがDNSサーバーとして機能しているので「linino.local」へアクセスします。 パスワードも変更した方が良いです。 無線LAN経由でGPIO操作 Arduino IDE 「Examples – Bridge – Bridge」読み込みます。 “Could not connect to YunServer 146 Connection refused” 対策 42行目の「server.listenOnLocalHost();」をコメントし、Arduino Yúnへアップロードします。 GPIO操作 13PINの状態を確認してみます。