マイコン

ST Nucleo STM32F401RE

投稿日:2017-12-07 更新日:

Mbed対応のMCUとしてST Nucleo STM32F401REです。

STM32 MCUのNucleoシリーズは色々あるので、要求に従って決めれば良いでしょう。

http://www.st.com/en/evaluation-tools/stm32-mcu-nucleo.html?querycriteria=productId=LN1847

開発

  1. Mbedブラウザ上で開発
  2. Mbedサイトでコンパイルし、ローカルPCにダウンロード
  3. Mbedデバイスへの書き込み (MbedデバイスをPCに接続するとメモリーカードのように認識)

https://www.mbed.com/en/about-mbed/what-mbed/

-マイコン
-

関連記事

BBC micro:bit

英国放送協会(BBC)が情報教育のために開発し、現在11歳と12歳の小学生全員に配れているシングルボードコンピュータです。 クレジットカードの半分ぐらい(4cm × 5cm)でARM Cortex-M0が搭載されています。 Hardware Description nRF51 Application Processor (ARM Cortex-M0) Bluetooth 4.1 Wireless Communication 2.4GHz Low Level Radio Communications 2 Buttons 5.5 Matrix Display 3 Axis Accelerometer (MMA8653FC) Magnetometer (MAG3110) Temperature Sensing (on-core nRF51) GPIO (General Purpose Input/Output) Power Supply (1.8V ~ 3.6V) USB Interface Pinout http://microbit-micropython.readthedocs.io/en/latest/pin.html Pin Type Function 0 Touch Pad 0 1 Touch Pad 1 2 Touch Pad 2 3 Analog Column 1 4 Analog Column 2 5 Digital Button A 6 Digital Row 2 7 Digital Row 1 8 Digital 9 Digital Row 3 10 Analog Column 3 11 Digital Button B 12 Digital …

Blynk とArduino Uno で Blink 確認

Blynk Architecture   Download App for iOS App起動 アカウント作成 プロジェクト作成    Auth Token確認 ライブラリインストール .zip ファイルをダウンロードします。- Link ダウンロードしたファイルを解凍し、Arduinoディレクトリに配置します。 Sketch Arduino IDE 「Example/Blynk/Boards_USB_Serial/Arduino_Serial_USB」サンプルを読み込み、Auth Tokenを自分の環境に合わせて修正します。 修正後、Arduino Unoへ書き込みします。 スクリプト起動 「blynk-ser.sh」スクリプトを起動します。オプションとしてArduino Unoと繋がっているポート名を指定しなければいけないです。 場合によっては「brew update」「brew install socat」実行が必要です。 Sketch Blynk Widget Boxにて「Button」を追加します。 「Button」を詳細設定します。 GPIO7に対してLEDのBlinkを確認できるように設定変更します。 Arduino Uno 状態を確認した上、画面を操作します。  

Arduino IDEでDigisparkのBlink確認

Download the Arduino IDE 最新バージョン(v1.8.2)をダウンロードしてインストールします。 Installing the Board (macOS) 設定画面にてURLを設定します。 http://digistump.com/package_digistump_index.json ボードマネジャーにて「Digistump AVR Boards」をインストールします。 Digispark (Default – 16.5mhz) を選択します。 Upload the Sketch File – Examples – Digispark_Examples – Start をロードします。 「Upload」ボタンをクリックし、下記の「Plug in device now…」メッセージが見えたら、DigisparkをUSBに繋げます。 書き込みログ Sketch uses 718 bytes (11%) of program storage space. Maximum is 6012 bytes. Global variables use 9 bytes of dynamic memory. Running Digispark Uploader… Plug in device now… (will timeout in 60 seconds) > Please plug in the device … > Press CTRL+C to terminate the program. > Device is found! connecting: 16% complete connecting: 22% complete connecting: 28% complete connecting: 33% complete > Device …

Arduino Nano v3

Arduino Unoボードをコンパクトしたボード(モジュール)です。 公式Arduino Nano はこちらです。 Price : $22 Processor : ATmega328P Operating Voltage : 5V Input Voltage : 7~9V Clock Speed : 16 MHz Analog Input/Output Pins : 8 / 0 Digital IO/PWM Pins : 14 / 6 EEPROM : 1KB SRAM : 2KB Flash Memory : 32 KB USB : Mini-B (FTDI-FT232RL) UART : 1 I2C(TWI) Pins : A4 (SDA), A5 (SCL) Pinout www.pighixxx.com Download PDF

Arduino I2C Scanner

ArduinoボードにI2Cデバイスを繋げてアドレスを確認するのに使います。 例えば、上記のPCA9685のPWMサーボモジュールをI2C Scannerで確認すると「0x40 / 0x70」アドレスを確認することができます。 Source Code (Github Gist)