マイコン

ST Nucleo STM32F401RE

投稿日:2017-12-07 更新日:

Mbed対応のMCUとしてST Nucleo STM32F401REです。

STM32 MCUのNucleoシリーズは色々あるので、要求に従って決めれば良いでしょう。

http://www.st.com/en/evaluation-tools/stm32-mcu-nucleo.html?querycriteria=productId=LN1847

開発

  1. Mbedブラウザ上で開発
  2. Mbedサイトでコンパイルし、ローカルPCにダウンロード
  3. Mbedデバイスへの書き込み (MbedデバイスをPCに接続するとメモリーカードのように認識)

https://www.mbed.com/en/about-mbed/what-mbed/

-マイコン
-

関連記事

Arduino IDEでWeMos D1 miniのBlink確認

Download the Arduino IDE 最新バージョン(v1.8.2)をダウンロードしてインストールします。 Installing the Board 設定画面にてURLを設定します。 http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json ボードマネジャーにてesp8266をインストールします。 WeMos D1 R2 & mini を選択します。   Upload the Sketch File – Examples – ESP8266 – Blink のコードを読み込み、WeMos miniへ書き込みます。

Getting Started Arduino Yún

Arduino Yúnは2015年以降のモデルが対象です。 無線LANの設定 MacまたはPCとArduino YúnのMicro USBで接続 (電源ON) しばらくするとWi-FiのSSIDで「Linino-XXXXXXXXXXXX」へ接続 「http://linino.local/」にアクセス (パスワード:doghunter) 「CONFIGURE」をクリック パスワード設定と無線LANの設定を完了し、「CONFIGURE & RESTART」クリック リスタート (しらばく待ち) Wi-FiのSSIDを元に戻して「http://linino.local/」にアクセス アクセス完了したら、設定終了 YúnのLinux部へアクセス Arduino Yúnは、Bonjour(mDNS)という仕組みを使っているため、YúnそのものがDNSサーバーとして機能しているので「linino.local」へアクセスします。 パスワードも変更した方が良いです。 無線LAN経由でGPIO操作 Arduino IDE 「Examples – Bridge – Bridge」読み込みます。 “Could not connect to YunServer 146 Connection refused” 対策 42行目の「server.listenOnLocalHost();」をコメントし、Arduino Yúnへアップロードします。 GPIO操作 13PINの状態を確認してみます。

BBC micro:bit

英国放送協会(BBC)が情報教育のために開発し、現在11歳と12歳の小学生全員に配れているシングルボードコンピュータです。 クレジットカードの半分ぐらい(4cm × 5cm)でARM Cortex-M0が搭載されています。 Hardware Description nRF51 Application Processor (ARM Cortex-M0) Bluetooth 4.1 Wireless Communication 2.4GHz Low Level Radio Communications 2 Buttons 5.5 Matrix Display 3 Axis Accelerometer (MMA8653FC) Magnetometer (MAG3110) Temperature Sensing (on-core nRF51) GPIO (General Purpose Input/Output) Power Supply (1.8V ~ 3.6V) USB Interface Pinout http://microbit-micropython.readthedocs.io/en/latest/pin.html Pin Type Function 0 Touch Pad 0 1 Touch Pad 1 2 Touch Pad 2 3 Analog Column 1 4 Analog Column 2 5 Digital Button A 6 Digital Row 2 7 Digital Row 1 8 Digital 9 Digital Row 3 10 Analog Column 3 11 Digital Button B 12 Digital …

Blynk とArduino Uno で Blink 確認

Blynk Architecture   Download App for iOS App起動 アカウント作成 プロジェクト作成    Auth Token確認 ライブラリインストール .zip ファイルをダウンロードします。- Link ダウンロードしたファイルを解凍し、Arduinoディレクトリに配置します。 Sketch Arduino IDE 「Example/Blynk/Boards_USB_Serial/Arduino_Serial_USB」サンプルを読み込み、Auth Tokenを自分の環境に合わせて修正します。 修正後、Arduino Unoへ書き込みします。 スクリプト起動 「blynk-ser.sh」スクリプトを起動します。オプションとしてArduino Unoと繋がっているポート名を指定しなければいけないです。 場合によっては「brew update」「brew install socat」実行が必要です。 Sketch Blynk Widget Boxにて「Button」を追加します。 「Button」を詳細設定します。 GPIO7に対してLEDのBlinkを確認できるように設定変更します。 Arduino Uno 状態を確認した上、画面を操作します。  

ESP8266の技術基準適合証明等のマーク

無線通信 無線設備を日本国内で使用する場合は電波法令に基づき、無線局の免許申請と無線局を管理する無線従事者が必要だそうです。(無線局:通信のために電波を送受信する装置) ただし、特定の周波数と用途においては特例で無線局の申請と無線従事者の資格が免除されるそうです。   電波利用ホームページ ESP8266の技適マーク ESP8266チップの場合、特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)を取得済みなので、以下のサイトで調べることはできます。 技術基準適合証明等を受けた機器の情報を検索