マイコン

Arduino IDEでWeMos D1 miniのBlink確認

投稿日:

Download the Arduino IDE

最新バージョン(v1.8.2)をダウンロードしてインストールします。

Installing the Board

設定画面にてURLを設定します。

http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json

ボードマネジャーにてesp8266をインストールします。

WeMos D1 R2 & mini を選択します。

 

Upload the Sketch

File – Examples – ESP8266 – Blink のコードを読み込み、WeMos miniへ書き込みます。

-マイコン
-

関連記事

Arduino Yún の IP Address 確認

WiFiStatus の アップロード 「Examples – Bridge – WiFiStatus 」を読み込んでそのままArduino Yúnへアップロードします。 Serial Monitor IP Addressを確認します。

Digispark ATTiny85

USBに直接挿せるマイコン HIDで動作するため、キーボードとマウスのエミュレートなど可能 Arduino IDEで開発可能 公式 Digispark はこちらです。

Macのディスプレイに Raspberry Pi GUI アプリを表示する

概要 MacのX11を使って Raspberry Pi の GUI アプリをMac上で使う方法。 手順 Mac XQuartz インストール XQuartz 起動 Raspberry Pi XQuartz の Terminal からRaspberry Piへ接続 GUI アプリ起動

Arduino IDEでDigisparkのBlink確認

Download the Arduino IDE 最新バージョン(v1.8.2)をダウンロードしてインストールします。 Installing the Board (macOS) 設定画面にてURLを設定します。 http://digistump.com/package_digistump_index.json ボードマネジャーにて「Digistump AVR Boards」をインストールします。 Digispark (Default – 16.5mhz) を選択します。 Upload the Sketch File – Examples – Digispark_Examples – Start をロードします。 「Upload」ボタンをクリックし、下記の「Plug in device now…」メッセージが見えたら、DigisparkをUSBに繋げます。 書き込みログ Sketch uses 718 bytes (11%) of program storage space. Maximum is 6012 bytes. Global variables use 9 bytes of dynamic memory. Running Digispark Uploader… Plug in device now… (will timeout in 60 seconds) > Please plug in the device … > Press CTRL+C to terminate the program. > Device is found! connecting: 16% complete connecting: 22% complete connecting: 28% complete connecting: 33% complete > Device …

Blynk とArduino Uno で Blink 確認

Blynk Architecture   Download App for iOS App起動 アカウント作成 プロジェクト作成    Auth Token確認 ライブラリインストール .zip ファイルをダウンロードします。- Link ダウンロードしたファイルを解凍し、Arduinoディレクトリに配置します。 Sketch Arduino IDE 「Example/Blynk/Boards_USB_Serial/Arduino_Serial_USB」サンプルを読み込み、Auth Tokenを自分の環境に合わせて修正します。 修正後、Arduino Unoへ書き込みします。 スクリプト起動 「blynk-ser.sh」スクリプトを起動します。オプションとしてArduino Unoと繋がっているポート名を指定しなければいけないです。 場合によっては「brew update」「brew install socat」実行が必要です。 Sketch Blynk Widget Boxにて「Button」を追加します。 「Button」を詳細設定します。 GPIO7に対してLEDのBlinkを確認できるように設定変更します。 Arduino Uno 状態を確認した上、画面を操作します。